鉾田市まちづくり推進会議

市民でまちをデザインする団体です。

ブログ
サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

自然観察会 ~池花池&白鳥池~ (2022年11月20日)

自然観察会 ~池花池&白鳥池~に行ってきました。参加者8名でした。
小美玉市美野里地区にある池花池は、オオハクチョウの飛来地として知られています。今日も20~30羽のオオハクチョウのほか、マガモコガモカルガモオカヨシガモホシハジロオオバンバンなどを見ることができました。
池花池の近くにある遠州池では、ミコアイサカワセミを見ることができました。アイサは漢字で書くと「秋沙」。古くは「アキサ」といい、「秋が去る」という意味から生まれた言葉だそうです。確かに、寒くなってくるころにアイサ類はやって来ますよね。
次に訪れたのは、笠間市友部地区にある白鳥湖。周辺の天神の里北山公園を含めて自然とふれあいながらのトレッキングを楽しむことができます。見頃を過ぎてしまいましたが、紅葉に注目しながらコースを回り、オオモミジイロハモミジウリカエデヤマボウシなどを見ることができました。
午後は、愛宕山にある巴川水源地に行きました。ちょろちょろと流れる水源に神秘的な何かを感じました。
今日はここまでです。
次回は12月11日(日)に北浦北部の清掃活動と自然観察を行う予定です。

第1回 秋の星空観測会 開催さる(2022年10月29日)

青少年育成鉾田市民会議 串挽地区主催の「第1回 秋の星空観測会」に参加しました。(2022年10月29日 17:00~18:30)
安塚公園ふれあい広場にて、鉾田南小学校の小学生約30名及び保護者の皆さんと天体観測。快晴に恵まれました。
8 cm 屈折経緯台、13 cm 反射経緯台の2台の天体望遠鏡、補助機としてフィールドスコープ 3台を並べ、月、木星、土星、カシオペア座、北極星、夏の大三角(ベガ、アルタイル、デネブ)、アルビレオ、天の川、アンドロメダ大星雲を観測。我々、鉾田市まちづくり推進会議 自然環境部会は、望遠鏡の操作と天体の解説を担当しました。月のクレーター、木星の縞模様と4大衛星、土星の環が特に印象的だったと思います。また、人工衛星が頭上をいくつも横切っていき、花を添えてくれました。

自然観察会 ~秋の植物~(2022年10月23日)

自然観察会 ~秋の植物~ を実施しました。参加者8名でした。
秋晴れの気持ちの良い日曜日。
里山を歩いて色々なものを見つけました。
ただの雑木林ですが、まるで植物園のようです。

ツクバトリカブトの花 [有毒]

ムラサキシキブの実

アケビの実 [食]

イシミカワの実

アオツヅラフジの実 [有毒]

アキノノゲシの花

ハキダメギクの花

ユウガギクの花

ヤクシソウの花

ナギナタコウジュの花

マユミの実

ガマズミの実

サンショウの実

ムクロジの実

シキミの若い実 [有毒]

シキミの実 [有毒]

鉾田一高附属中学校第1学年 自然観察&歴史探訪 (2022年10月14日)

「鉾田一高附属中学校第1学年 自然観察&歴史探訪」を実施しました。(2022年10月14日)
*
 昨年に続き、2回目の開催です。今回は、郷土史研究家の渡辺様、野鳥写真家の川又様を外部講師にお招きし、鉾田の自然と歴史を探訪するバスツアーを実施しました。参加者は、生徒40名、教員4名、スタッフのべ11名でした。(←人数は後で正確なものに書き換えます。)
*
【9:00~11:00 北浦北部の自然観察】
 鉾田市環境学習施設「エコ・ハウス」で、鉾田の自然に関する講義と周辺の野鳥観察を行いました。天気は晴れたのですが、北~北東の風が強く、野鳥の出現は今一つでした。それでも、カンムリカイツブリ、ミサゴ、アオサギ、カルガモ、マガモ、コガモ等を見ることができました。
*

【北浦北部の自然観察】
杭の上に魚を食べる猛禽類「ミサゴ」を見つけました。

*

【北浦北部の自然観察】
人の気配を感じたのか、芦原内の池からカルガモやコガモが一斉に飛び立ちました。

*

鉾田市環境学習施設「エコ・ハウス」にて、北浦北部で繁殖するカンムリカイツブリの生態を捉えた貴重な映像を視聴。

*
【11:00~16:00 鉾田の歴史探訪】
 まずは鉾田市生涯学習館「とくしゅくの杜」にて展示物や収蔵品を見学しました。ちょうど鉾田陸軍飛行学校企画展が行われており、貴重なお話を聞くことができました。鉾田で出土した土器や宝剣等の収蔵物を生徒達が興味深く見入り、熱心にメモをとっている姿が印象的でした。とくしゅくの杜で勉強した後は、実地見学です。徳宿城址、梶山古墳群、鉾田陸軍飛行学校跡(監的、顕彰碑)を周りました。
*

鉾田市生涯学習館「とくしゅくの杜」にて、縄文時代の人々の叡智を見学中。

*

【徳宿城址を望む】
常陸平氏の流れをくむ徳宿氏は、平安時代末期にここに城を築き、子孫を安房(三階城)、烟田(馬場館~烟田城)、冨田(冨田城)、菅野谷等に配し、一族の支配領域を拡げていきました。徳宿氏は約300年続いたのですが、戦国時代初頭に水戸の江戸氏との徳宿合戦で滅ぼされてしまいます。

*

【梶山3号墳】
前方後円墳です。発掘調査はまだ行われていないそうです。生徒達の中から将来考古学者が生まれ大発見がもたらされるかも

*

【梶山4号墳】
梶山4号墳は、木に覆われた円墳のように見えます。手前の標柱の位置で石棺が発見され、石棺からは埋葬された人骨5体や、金メッキで装飾された柄(つか)を持つ直刀などの豪華な副葬品が発見されました。これらは、かつて梶山に有力な豪族がいたことを物語っています。現在、人骨は円墳上の祠に納められ、祀られています。副葬品のほうは、鉾田市生涯学習館「とくしゅくの杜」に展示されています。石棺自体は元の場所に埋め戻されており、地上から鉄の棒で突くと、「カンカン」と音がしてその存在を確認できます。石棺の位置から、この古墳は円墳ではなく、大きな前方後円墳だったと推定できます。方墳部分は古墳とは分からずに開墾され、姿を消してしまったと考えられます。

*

【鉾田陸軍飛行学校 顕彰碑】
特攻で散華した英霊の名が刻まれています。

*
 じっくりと見学したかったのですが、時間が足りず、ちょっと物足りなかったかもしれません。今回を足がかりに、興味のあるテーマを見つけ、より詳細な探求を行ってください。

自然観察会(2022年10月9日)を実施しました。

自然観察会 ~北浦北部~ (2022年10月9日)を実施しました。
参加者8名でした。
まずは北浦北部の清掃作業を行いました。軽トラ半分ほどのゴミが集まりました。


次は自然観察会です。野鳥の出現は今一つでしたが、ゴイサギの群れやカワセミ、冬羽のカンムリカイツブリ、北浦北部に定住しているカンムリカイツブリコガモの群れ(♂エクリプス、♀)、ツバメヒバリ(さえずり少し)などを見ることができました。
植物のほうは、可憐なシロバナサクラタデ、ひっつき虫を生み出すコセンダングサアメリカコセンダングサオオオナモミ、可愛らしいスズメウリの実、オオイヌタデなどを見つけました。

シロバナサクラタデ

アメリカコセンダングサ

スズメウリの実

オオイヌタデ