鉾田市まちづくり推進会議

市民でまちをデザインする団体です。

ほこた塾

【ほこた塾 第1回基本講座】

11月24日、入塾式に続いて第1回基本講座を実施しました。
“コロナ恐怖症から脱却するために〜事実数値で見る新型コロナウィルスの実像” をテーマに、全国骨髄バンク推進連絡協議会副会長で放送作家の野村正満氏に講演をしていただきました。
一般の国民には新型コロナウィルスの実像がよくわからない中、行政やマスコミが提供する情報は不安や危機感を煽るものになってはいないか、そして「感染の不安」が「不安の感染」に移行しているのではないかとの問題が提起されました。
それに対して、昨年末、中国の武漢で新型コロナウィルスによると見られる原因不明の肺炎患者が出てから現在に至るまでの出来事を時系列で示した内容や、厚生労働省、総務省などが発表したデータ、日本小児科学会の声明など、様々なファクトが提示されました。
**
その結果、20歳未満の重症化率はゼロである中、学校閉鎖などは流行阻止効果に乏しく、逆に子どもの心身の健全な育成を妨げているのではないか、また、自殺者数の急増や妊娠届出数の急減などが少子高齢化の問題を悪化させることにならないか、など、新型コロナウィルスの対策と共に考えていかなければならない視点の重要性を認識することができました。
野村氏は「喜怒哀楽を実感できる自由で文化的な人間らしい日常生活こそ、健康的な人間の人間の行動である。早急に取り戻そう」と結びました。
講演終了後には質疑応答の時間を設け、塾生から感想や質問、ご意見をいただきました。

 

講座の内容は12月1日付の茨城新聞にも掲載されています。
⚠️お知らせ⚠️
12月5日(土)に予定していた『特別講座』は都合により延期となりました。大変申し訳ありません。新たな日程が決まり次第お知らせします。

【第21期『ほこた塾』入塾式】11/24

鉾田市より岸田市長、並びに石崎教育長のご臨席をいただき、第21期『ほこた塾』の入塾式を行いました。
*
今年は新型コロナウィルスの蔓延によって様々なことが中止となる中、『ほこた塾』の開催も危ぶまれましたが、実行委員一同「できない理由はいくらでもあるが、どうしたら開催できるかを考えよう」と会議を重ねました。
開催期間を1ヶ月遅らせて、講座数も減らし、おそらく塾生の応募が少ないことも視野に入れながら企画しましたが、蓋を開けてみると31名の方が入塾してくださいました。
*
20期まで積み重ねて来た土台の上で、塾長も交代し、新たな気持ちで学びの場をスタートします。
*

第20期「ほこた塾」卒塾式(2020年2月19日)

第8回基本講座の終了後、卒塾式が行われました。
鉾田市まちづくり推進会議の川又利彦会長の挨拶に続き、来賓として鉾田市教育委員会よりおいでくださった石崎千惠子教育長からご挨拶をいただきました。

その後野村塾長より、ひとりひとりに修了証が渡され、

 

 

 

 

 

8回の基本講座すべてに出席した3名の塾生には皆勤賞の賞状と記念品が贈呈されました。


今期の記念品はスウェーデンでのノーベル賞受賞式の際、晩餐会で出され好評を博した「福寿」というとてもフルーティーで品の良い逸品です。世界に誇れる味を楽しんでいただければ幸いです。


おかげさまで、市の協力を受け市民が主体となって20年の長きに渡って企画運営してきた「ほこた塾」の第20期を無事に終えることができました。

実行委員一同心より感謝申し上げます。ありがとうございました。