鉾田市まちづくり推進会議

市民でまちをデザインする団体です。

人材育成部会

第20期「ほこた塾」基本講座⑦ オリンピック・パラリンピック目前! 〔体験談〕障害とともに歩んだアーチェリー(2020年2月4日)

「オリンピック・パラリンピック目前!
〔体験談〕障害とともに歩んだアーチェリー」
と題して、茨城県アーチェリー協会理事長の飯島寿一(としかつ)氏に講演をしていただきました。

鉾田市在住の飯島氏は38歳の時に転落事故で脊髄を損傷し、両下肢機能障害により車椅子の生活となりました。
一時は絶望の淵に陥りながらも、アーチェリーとの出会いによって、与えられた障害を受け止め、あるがままの自分で生きようと考え直すことができたそうです。
「中年の星」として有名になったアテネオリンピック銀メダリストの山本博先生の指導も受け、アーチェリーに必要な集中力、平常心、持久力を養いました。

沖縄県全国障害者スポーツ大会で大会新記録で優勝したのを皮切りに、フェスピック・アジア大会や韓国アーチェリー大会で優勝。2年連続で世界選手権にも出場しました。

平成12年のシドニーパラリンピックの代表に選ばれた3ヶ月後、自宅に送られて来た日の丸のついたスーツケースには、公式スーツやユニフォーム、靴などがぎっしりと詰まっていたそうです。
日本代表として開会式に参加し、スタジアムから会場を見上げながら「いやぁ、凄いところまできたなぁ」と思ったという話には実感がこもっていました。パラリンピックは神様からのプレゼントだったとも…

結果は惜しくもメダルを逃したものの、世界4位の成績を残し、総理大臣、厚生大臣表彰を受け、皇居宮中で行われた天皇皇后両陛下とのお茶会の宴席招待を受けました。

現在は茨城県アーチェリー協会理事長、茨城県障害者アーチェリー協会会長のほか、幾つもの要職につき、アーチェリーの普及や後進の指導に尽力されています。

「幸せ、不幸せは自分の心が決める」
「障害を持っているので不便なことは多くありますが、私は幸せです」
「プラス思考で前向きに」
「ありがとう感謝の心を忘れない」
など…
苦難を超えた方ならではの重みのある
心に残る言葉をたくさんいただき、感動の講座となりました。

第20期「ほこた塾」基本講座⑥ ガンは克服できても…AYA世代・若者のガン治療と妊孕性(にんようせい)温存のために(2020年1月22日)

ほこた塾もいよいよ後半戦。第6回の基本講座はNPO法人“全国骨髄バンク推進連絡協議会”顧問の大谷貴子さんを講師にお迎えし『ガンは克服できても…AYA世代・若者のガン治療と妊孕性(にんようせい)温存のために』というテーマでお話ししていただきました。

大谷さんは25歳の千葉大学大学院在学中に慢性骨髄性白血病と診断され、27歳の時に母親からの骨髄移植を受けました。
闘病中から骨髄バンク設立運動に参加し、36歳で結婚した後も、多くの白血病患者から相談を受けるとともに、支援活動を続けてこられました。

特に、ご自身が白血病治療の後遺障害として妊娠の可能性を絶たれたため、治療を終えて社会復帰したがん患者が子どもを授かれるように、様々な活動を行っています。

テーマに書かれている「AYA世代」とは、16〜39歳の思春期、青年期を表し、「妊孕性」とは「妊娠しやすさ」を表す言葉ですが、骨髄移植や抗ガン剤治療をする前に精子や卵子を凍結保存したり、放射線から卵巣を守る処置を行うことによって、ガン治療が終わった後に子どもを授かることができた事例を紹介していただきました。

また、今回同行された大谷さんの知人で、実際に2回もドナーとなって骨髄移植により二人の患者さんの命を救った男性の生の声を聞くこともできました。

大谷さんの活動はNHKの「プロジェクトX」やTBS系列の「情熱大陸」でも紹介されています。
数々の賞を受賞され、家業もこなしながら、精力的に全国で講演活動をされているバイタリティあふれる大谷さんの姿に心を動かされました。

第8回新春教育フォーラム 郷土愛を育む教育(2020年1月13日)

子どもたちは鉾田の文化や歴史をどこまで知っているか…

この郷土に魅力を感じられるようにするにはどうするのか…

転出してもいつかは戻りたいと思えるふるさとへの愛着とは…

知らなかった鉾田の遺産を掘り起こして伝えるためには…

郷土への愛をこれから次代にどのように繋いでいくのか…

**********

1月13日(祝) 鉾田市旭地区学習等共用施設において、「郷土愛を育む教育」をテーマに今年度の新春教育フォーラムを行いました。

 

 

 

鉾田市はかろうじて消滅可能性都市ではないものの、明らかに人口減少が進む中、郷土愛を育む教育がこれからの地域を支える力となることを期待しつつプログラムを進行しました。

第1部は「郷土愛を育む教育の目的と課題」と題して、茨城県生涯学習・社会教育研究会会長の長谷川幸介先生に基調提案をしていただきました。


未熟で誕生し、哺乳類の中でも独特な子育てをしていく人間の特性の話から始まり、郷土が育む連帯感やプライドを手にしながら子どもたちが成長していくという講演の内容は大変興味深いものでした。

第2部は
①「鉾神社祭礼と子どもたち」
桜本はやし保存会 山口功氏


②「郷土愛学校教育・笠間市の取組」
笠間市立中学校教諭 根本拓氏


③「子どもたちに伝えたい鉾田の遺産」
鹿行文化研究会理事 五十嵐康幸氏


と、3人の方に事例報告をしていただきました。

第3部は「郷土の魅力を子どもたちに伝えるために」をテーマにシンポジウムを行いました。
3人の事例報告者に石崎千惠子鉾田市教育長も加わっていただき、コーディネーターの長谷川幸介先生を中心に活発な意見交換がなされました。

祭礼などの郷土の文化や芸能を伝承することの大切さ、また、学校だけでなく生涯学習の場を設け意図的に伝えていかなければ繋がらない危機感、自己肯定感を育む為の歴史教育の重要性などがあげられました。

郷土に対する愛着の中には人や風景への懐かしい思いも含まれることなど、参加者も一体となって予定の時間が過ぎても意見交換が続き、大変有意義な教育フォーラムとなりました。